エクセル

【エクセル】開発タブがない!開発タブを表示する方法を図解解説

エクセルを使っていると、どうしても避けて通れなくなるのが「マクロ」です。

「マクロ」は、エクセルで使えるプログラムを作ったり、実行したりできます。

ただ、このマクロを操作するために必要な「開発」タブがない事があります。

といいますか、エクセルをインストールした直後は「開発」タブはありません。

 

今回は、この開発タブを表示する方法を見ていきましょう。

一回設定すれば、それ以降は開発タブが表示された状態となります。

 

【エクセル】開発タブがない!開発タブを表示する方法を図解解説

開発タブを表示する方法

 

 

最初は、開発タブが表示されていません。

 

このタブ部分に、「開発」タブを表示するには、次のように操作していきます。

 

 

「ファイル」タブを選択する

オプション を選択する

「リボンのユーザー設定」を開く

エクセルのオプション設定画面が開きますので、

左側のメニュー(左ペインと呼ばれることもあります)の中から、「リボンのユーザー設定」を選択します。

右側部分の「開発」にチェックが入っていないことが確認できます。

 

「開発」にチェックを入れる

「開発」にチェックを入れて(開発の前の□部分をクリック)

OKをクリックします。

開発タブが表示される

リボンの上のところに、「開発」のタブが表示されたことを確認します。

 

 

 

以上で、「開発」タブを開くための手順は終了です。

これ以降、エクセルを開くたびに「開発」タブが表示されるようになります。

開発タブの内容について

開発タブには、以下のような機能が表示されています。

これらのうち、利用する機会が多いのは「コード」メニューです。

マクロを使う場合には、このメニューから、マクロ用の画面を開くことになります。

 

次に使う機会が多いのは「コントロール」です。

エクセルに、以下のようなボタンやリストボックスなどの部品(コントロールと言います)を追加するときに利用します。

 

 

その他のメニューはあまり使う機会はないと思います。

 

アドイン・・・エクセルへ機能追加する際に操作します。

ドキュメントパネル・・・エクセルブックの設定情報を操作します。ほぼ使うことはないと思いますが、具体的には以下サイトを参照ください。

ドキュメントパネルの使い方

 

それでは、今日もエクセル生活をお楽しみくださいね!

-エクセル
-, , , , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜