エクセル

【エクセル】 EXCELの計算式で、{}が入っている式を直したい

エクセルに慣れてきても、ある時に壁にぶつかることがあります。

その壁の1つが「配列関数」です。

計算式の中に、{}で囲まれた式を見たことがありませんか?

これらは配列関数というものを使っています。

今までとは異なる入力方法や考え方を確認しておきましょう。

 

 

【エクセル】 EXCELの計算式で、{}が入っている式を直したい

{}を使う配列関数とは?

 

次のような{} で囲まれた計算式を見たことがありませんか?

{=SUM((C3:E3)*(C4:E4))}

 

例えば、次のような集計欄に使われることがあります。

 

 

EXCELのファイルを会社の前任者から引き継いだ時など
計算式にこういった式が入ってることがあります。

 

この式は少し特殊です。

 

この計算式を直したい場合に
普通に式を変更してもうまく反映できませんし

 

そもそも、

どういう仕組みなの?

というところから、わからないかもしれません。

 

 

これには、

配列数式

というものを知る必要があります。

 

配列数式って何?

配列数式は、

配列内の複数の項目に対して、複数の計算を実行できる数式です。

 

例えば

先ほどの計算式をひも解いてみますと、

{=SUM((C3:E3)*(C4:E4))}

 

以下のような意味合いになります。

(C3*C4)+(B3*B4)+(E3*E4) 

「複数の項目に対して、複数の計算式を実行している」ことが分かると思います。

 

これを表で見てみましょう。

 

 

こういう複数の計算を、1つの式で行っていることになります。

 

配列数式の特殊な入力方法とは?

配列数式は、特別な方法で入力する必要があります。

 

普通に計算式を入力しても

以下のように誤った結果になってしまいます。

 

 

かといって

以下の計算式を「{}」で囲ってそのまま入力しても

正しく計算してくれません。

 

それではどうすればいいのでしょうか?

 

実は

配列関数は、以下のように入力する必要があります。


=SUM((C3:E3)*(C4:E4))

を入力した後

CtrlキーとShiftキーを押しながら、Enterキーを押す

 


 

これにより、配列関数と認識されて、正しい結果を求めることができます。

式も、自動で先頭と末尾に「{}」で囲われます。

{=SUM((C3:E3)*(C4:E4))}

 

 

配列関数のまとめ

配列数式の仕組みを知り、
特殊な入力ルールを知れば、編集できるようになります。

 

特に注意すべきは

CtrlキーとShiftキーを押しながら、Enterキーを押す

というところです。

 

この配列関数は「Sum」以外にも色々な関数で利用することもできますので

まずは上記例の意味と使い方を理解して

より便利にEXCELを使っていきましょう。

-エクセル
-, , , , , , , , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜