エクセル

【エクセル】EXCELで行や列を隠したり再表示する方法と注意点

エクセルを使っていると、

・この行を隠したいな

・この列を隠したいな

という場合があります。

 

この行・列の隠し方は意外に簡単です。

また、この隠したり表示したりをワンクリックでする方法もあります。

それでは順番にやり方を確認してみましょう。

 

【エクセル】EXCELで行や列を隠したり再表示する方法と注意点

 

行を選択して非表示・表示する方法

 

まず、下のような表があるとします。

 

この表を使って、行を隠す方法、列を隠す方法を確認していきます。

行を隠す手順

先ほどの表から「クラス平均」だけを表示したいケースを考えます。

 

左側にある「3」をクリックしたままで「5」までドラッグします。

下のように、3行目から5行目までがグレーで選択されている状態にします。

この状態から「右クリック」でメニューを出して「非表示」を選択します。

 

そうすると、3~5行目が非表示となり

クラス平均だけが表示されるようになりました。

 

隠した行を再表示する

次は、先ほど隠した行をもとに戻してみましょう。

 

先ほどと同じように、

左にある「2」をクリックしたまま「6」までドラッグします。

以下のように2行目と6行目がグレーになっている状態になります。

 

ここの状態から「右クリック」でメニューを出して「再表示」を選択します。

 

 

隠した2行目~5行目が再表示されました。

列を選択して非表示・表示する方法

同じように、列を隠したり再表示したりする方法をみてみましょう。

 

列を隠す手順

 

下の表から「全員の平均点」だけを表示するケースをみてみます。

 

上にある「B」をクリックしたままで「C」までドラッグします。

下のように、B列からC列までがグレーで選択されている状態にします。

この状態から「右クリック」でメニューを出して「非表示」を選択します。

 

そうすると、B~C列が非表示となり

平均点だけが表示されるようになりました。

 

隠した列を再表示する

先ほど隠した列をもとに戻してみましょう。

 

先ほどと同じように、

AをクリックしたままDまでドラッグします。

以下のようにA列とDれ行目と6行目がグレーになっている状態になります。

ここの状態から「右クリック」でメニューを出して「再表示」を選択します。

 

隠したB列目~C列が再表示されました。

 

行や列を隠すことの注意点

 

最後に、行や列を隠すことの注意点についてお伝えします。

 

あくまでも表示しないだけでデータは有効

今回の方法は、あくまでも「表示しないだけ」です。

 

例えば、以下の表では

F列の平均点が、BとCを足した平均となっていません。

 

Aさんは、国語70点、算数90点ですので、平均点は80点となるはずです。

 

これは、D列とE列に別の値が入っているのに

非表示となっていたことで見えなかった為です。

 

逆に言いますと

「表示されていないだけで、値は生きている」

ということです。

 

大きな表では、1行、1列が隠れていても気が付かないことがありますので

注意するようにしましょう。

 

コピーすると隠した情報が分かる

隠していたとしても、コピーして別の場所に張りつけると

隠していた値が分かります。

 

下の表ではD、E列を隠していますが

コピーして別の場所に張り付けると

隠していたD、E列の情報(理科・社会)が分かってしまいます。

 

 

「隠してるのはあくまでも見た目だけ」

 

という点を意識しておいてくださいね。

 

-エクセル
-, , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜