エクセル

【エクセル】マイナス値を隠す・プラス値を表示するなど書式で設定

今日もエクセルを使っていますか?

 

エクセルで、値を残したままで、条件に応じて非表示にしたいことがあります。

 

例えば、プラスの数値だけは表示して、

マイナスの数字は隠したい場合などです。

値は、A列のままで、表示だけB列のようにしたい。

 

このようなことは、セルの書式設定で対応が可能です。

それでは具体的な方法を見ていきましょう。

 

 

マイナス値を表示しない設定

 

これを実現するには、セルの書式設定で、以下のように登録します。

「ユーザー定義」から「0;;0」と入力します。

 

そうすると、マイナスの数値は非表示になります。

以下をご覧いただくと、B8のセルには「-1」という数字が入力されていますが、B8のセルにはマイナス数値が表示されていないことが確認できます。

 

この「0;;0」には、どのような意味・ルールがあるのかを確認してみましょう。

 

4つの値パターンに応じて書式を設定できる

 

書式設定では、4つの値パターンに応じて、4つの書式設定をすることが可能です。

 

例えば、プラスなら表示する、マイナスなら表示しない、ゼロなら表示する、文字列だったら青文字にする・・などです。

 

これらは、以下4つの値パターンの順番に
「;」で区切って、書式設定をすることができます。

1つ目2つ目3つ目4つ目
正の数字負の数字ゼロ文字列

 

上記に従ってみると、先ほどの「0;;0」は、

 

1つ目の正の数字の書式は「0」・・・表示する

2つ目の負の数字の書式は無し・・・表示しない

3つ目のゼロの書式は「0」・・・表示する

4つ目の文字列の書式は指定なし・・・表示する

 

といった意味合いになります。

 

よって、

先ほどの例から、ゼロを表示しないようにするには、

「0;;」とすればよいことになります。

 

その他いろいろなパターン

先ほどの4つの値パターンに従って、いくつかの書式設定例を表にまとめてみました。

 

 

・「パターン例」列は、実際にエクセルに設定する書式例です。

・その次の1つ目から4つ目までは、パターン例が意味する内容を表しています。

・右側にある「1つ目」~「4つ目」の内容は、一番上にある「標準」列にある値がそのまま入力されていますが、書式設定によりどのように見え方が変わるのかを表しています。

 

 

一番下の行([青];[赤];[黒];[黄])は少し特殊ですが、

[色]という書式設定をすると、文字の色が変わるという例を表したものです。

 

以下は見え方の部分を拡大したものです。

セルの値に色がついているのが分かると思います。

 

このように、4つの値パターンを「;」で区切り、それぞれに書式設定をすることで、任意の値を表示・非表示にすることができました。

 

まとめ

書式設定では、今入力している値をそのまま残して、見た目だけを変えることができます。

その書式の設定内容には、いくつものやり方があります。

 

今回は、それらを、4つの値パターンで切り分けられることがわかりました。

 

ぜひ、今後のエクセル生活で活用してみて下さいね。

-エクセル
-, , , , , , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜