エクセル

【エクセル】ゼロ埋めを数字のままで実現。見た目だけ変えて数式利用を可能にする

エクセルで、数字に前ゼロを付けたい場合があります。

入力した値の桁数をそろえるような時などに使います。

 

ゼロをつけるには、「文字列として入力」すれば簡単なのですが、

見た目だけゼロ埋めしたいけれども、計算式に使いたいために、数字のままにしておきたい

というケースがあります。

 

その対応方法についてみていきましょう。

【エクセル】ゼロ埋めを数字のままで実現。見た目だけ変えて数式利用を可能にする

数字の文字列だと計算式で使えない

前ゼロをつけるために、

数字を、文字列として入力すると、

計算式(合計)が正しく求まりません。

 

下の表を見ると、文字列の合計が、「0」となっていることが分かります。

 

これは、a~dが ”文字列” として扱われた結果、

SUM関数の対象となる数字がない

という計算結果となり、合計が「0」となっています。

 

しかし、見た目同じように見える”E列(書式設定)” は、

合計の数値が正しく求まっています。

 

このように

「見た目だけ」ゼロ埋めするには、セルの書式設定を使います。

 

 

書式設定でゼロ埋めする

 

まず、「書式設定」という機能を見てみましょう。

 

対象のセルを選択した状態で、右クリック→「セルの書式設定」を開きます。

 

これは、複数セルを選択した状態でも設定できます。

下では、表のE列(E2~E6のセル)を選択した状態で、書式設定画面を開いているところです。

 

セルの書式設定画面が開きました。

この画面で、選択したセルに対して色々な書式(見た目)の設定をすることができます。

 

 

数字のままで前ゼロで埋めるための書式設定

今回のように、「数字のままで前ゼロで埋める」場合は、

「ユーザー定義」の表示形式で設定します。

 

E列の書式を設定して、

D列のように前ゼロ2つをつけながら、

合計値が正しく求まるようにしていきます。

 

 

「表示形式」タブの「分類」から「ユーザー定義」を選択します。

右側の「種類」のところに、

00000

を入力して、「OK」を押します。

 

すると、前ゼロが付きました。

 

試しにE2セルを選択してみます。

 

すると、見た目は「00100」ですが、上の値部分には「100」と表示されています。

合計欄のところも、正しく計算された値のままで、前ゼロが付いていることが分かります。

 

 

 

同じように、書式設定を「00,000」にすると

見た目だけ以下のように変わります。

 

まとめ

 

数値のままでゼロ埋めするには、セルの書式設定を使いましょう。

そうすれば、SUM関数などの多くの「数値を対象とする式」を

そのまま使うことができますよ。

 

 

この記事もよく読まれています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://enbako.com/piano-polonaise/

-エクセル
-, , , , , , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜