エクセル

【エクセル】EXCELで行・列を削除しても連番を崩さない方法

EXCELで表を作ったとき、1から始まる連番を入力したとします。

その後、一部のデータを削除すると、その連番が崩れて空き番になってしまう事があります。

場合によっては空き番とならず、連番にしてほしいケースもあります。

今回は、自動で連番が変わるようにする方法を紹介します。

 

【エクセル】EXCELで行・列を削除しても連番を崩さない方法

行・列を削除すると連番が崩れてしまう

 

EXCELで表を作るとき

連番を入力することがあります。

 

たとえば以下のように、A列に連番が付いているようなケースです。

このとき、

Bさんが異動でいなくなった場合に、4行目を削除したとしましょう。

そうすると、以下のように「3位」が飛んでしまいます。

 

これくらいの小さな表だと手直ししてもいいのですが

できれば、勝手に順番が1~4までに変わってほしいものです。

 

 

ROW関数を使って行番号を求める

 

今回は、EXCELで使える関数のうち、

 

ROW関数

を使います。

 

ROW関数を使うと、現在のセルの行番号を求めることができます。

 

例えば、以下のように式「=row()」を入力すると・・・

以下のように行番号「1」を求めることができます。

 

 

同じように、A2の部分に「=row()」を入力すると

「2」が表示されます。

 

次は、A3のところに「=row()-1」と入力してみると

 

行番号の「3」から「1」をひいた「2」が表示されます。

 

連番表をROW関数を使って作成する

それでは、最初の表をROW関数を使って作り直します。

 

A列には、数字の連番が入力されています。

これらの数字を、ROW関数を使って表示してみましょう。

 

 

置き換えたのが以下の表です。

 

 

見た目は変わっていませんが、A2セルを確認すると、確かにROW関数が使われていることが分かります。

 

さて、それでは、成績順が3位のBさんの行を削除してみましょう。

 

4行目を選択して「右クリック」から「削除」をクリックします。

すると、このように自動的に番号が変わってくれます。

 

列の連番表の場合には、column関数を使う

以下のように、横に連番が続く表の場合には、

ROW関数ではなく、column関数を使います。

 

1~5と表示されていますが、

ここには「=COLUMN()-1」という計算式が入っています。

 

この状態から、3位のBさんを削除してみると・・・

 

3位のBさんが削除された後、

自動的に連番が付け直されています。

 

 

このように、ROW関数とCOLUMN関数を使う事で

連番を崩すことなく、削除をすることが可能となります。

 

この方法を知らないと、

何万行もあるような表を修正する場合に、かなり苦労してしまうことになります。

 

2つの関数の使い方は簡単ですので、実際に使ってみて活用していきましょう。

 

-エクセル
-, , , , , , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜