お役立ち

大阪万博ロゴで「コロシテ」がトレンド入り。元ネタを考察

大阪万博のロゴが発表されると「なんかキモイ」という反応が多く見られました。

 

 

その反応と合わせて「コロ・・コロシテ・・・」というキーワードがトレンド入りしています。

この言葉はどういう意味で、どういう元ネタなのかを調査・考察しました。

 

大阪万博ロゴで「コロシテ」がトレンド入り。元ネタがなにか考察

コロ・・・コロシテ・・・とは?

コロ助公式】 (@jptajw) | Twitter

 

「コロシテ」はコロ助を意味する、、、のではないです。

 

この「コロシテ」は

「様々な理由によって、本人が自ら〇にたい状況にあるが、自分で実行できない状況にあるため、他者へそれを依頼するときの言葉」

を意味しています。

 

 

囚われの捕虜や、身動きできない状態に変化させられた生物、ゾンビ発症前の感染者など、これからを悲観した場合に、この発言をしているケースが多いです。

 

今回のロゴでは、

ロゴが複数の目を持つ怪物のように見られたことで、上記のシチュエーションを見たことのある読者が、代表的な言葉である「コロシテ」を呟いたことが、トレンド入りの原因と考えられます。

 

元ネタは?

 

なお、掲載しているムービーは大丈夫と思いますが、実際の作品を見る時には注意してご覧ください。

 

デビルマン

「あれは だれだ だれだ だれだ あれは デビル デビルマーン デビルマーン」というオープニング曲が有名であり、漫画・TVの同時進行でも注目を集めた作品です。

 

1972年に誕生した本作の中で「ジンメン」という話の中でこのシチュエーションがありました。

 

「大貝獣物語(だいかいじゅうものがたり)」

1994年12月にハドソンより発売されたスーパーファミコン用のロールプレイイングゲームです。

「バイオベース」というエリアで、まゆにとらわれてしまった人々が発する言葉の中に、今回の言葉が使われています。

 

「沙耶の唄」

2005年に発売された、R18の美少女ゲームです。

美少女ゲームとはいえ、〇描写はあまりなく、シナリオが一品と人気が高いです。

それもそのはず、シナリオを担当したのは、虚淵玄(ウロブチゲン)さん。
虚淵さんは、2010年代前半のアニメ史上で大変活躍された脚本家です。
『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS』などは、今やコンビニのくじなどで普段目にすることもあると思います。

 

 

「ゴブリンスレイヤー」

ゴブリンというモンスターが存在する異世界で、ゴブリンだけを討伐する主人公をえがく作品です。

漫画やアニメ化されているのですが、R18的な描写も多く、そういう場面で今回のネタが使われています。

 

ただ、作品としては、先の「沙耶の唄」よりはかなり後の作品となりますので、

どちらかと言えば、元ネタというより、件のネタが使われた作品として有名と言った方がいいでしょう。

 

まとめ

今回掲載した元ネタ候補のほかにも、昔の洋画の日本語訳で使われていたりしますので、「これが元ネタ」と裏付けできる情報は見つかりませんでした。

引き続き調査を進めていき、進展がありましたらまた紹介します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事も読まれています。

HUNTERXHUNTERの中で流れたこの曲は?

-お役立ち
-, ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜