お役立ち

国際ノーダイエットデーはダイエット休みの日?目的・背景と内容は?

毎年5月6日は「国際ノーダイエットデー」です。

ですが、まだまだ日本ではその存在を知られていません。

 

この記事では、国際ノーダイエットデーが提唱された背景や、その内容について説明をしていきます。

 

国際ノーダイエットデーとは?

1992年にイギリスのフェミニスト、メリー・エヴァンス・ヤングによって提唱されました。

 

国際ダイエットデーは、世間の過度なダイエットのプレッシャーに対抗し、

ダイエットの健康に対する影響を考えるとともに

体型の自由さや多様性を訴えることを目的としています。

 

また多くの人に「無理なダイエットの危険性」について知ってもらうとともに

肥満による差別をなくすことが目的とされています。

 

メリー・エバンス・ヤングのツイッターアカウントはこちら

 

 

提唱の背景は?

メリー自身が、肥満が原因で学校でいじめられた経験や

ダイエットの方法を間違って、結果的に拒食症になってしまったという経験から、

誤ったダイエットのし過ぎで、拒食症に至る危険性を感じていました。

→この内容は、彼女の著書「Diet Breaking」に記されています。

 

当時は特に記念日とまで進める予定はなかったようですが、どうせなら・・ということで、

彼女の誕生日でもあり、他の記念日と重ならない5月6日になったそうです。

 

どのようなことが行われる?

「ノーダイエットデイ」ということで、

「ダイエットをしない」という事が行われます。

 

「今日はノーダイエットデイだから、ダイエットはお休みね(^^♪」

というわけですね。

 

日本では、同じ5月6日に「コロッケの日」があります。

 

この1日だけはダイエットを忘れて、ホテルビュッフェで食事をしたり、A5ランクの牛肉を使った高級コロッケを食べようといった呼びかけもあります。

 

ただ、2020年時点で、全国的に行われるイベントはないようです。

まとめ

彼女は、著書の中で、

ダイエットとは

「痩せるための活動」ではなく「運動や食事量を管理して、適正な体重にしていくこと」

と述べています。

無理なダイエットは身体や心を壊しかねません。

 

このノーダイエットデーのタイミングで、自分に合ったダイエットが何なのかを考えてみるといいですね。

-お役立ち
-, , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜