お役立ち

ダイソンフィルターの洗い方 悪臭の原因を取り除くには?

ダイソン掃除機の排気が生乾き臭くて困っている方は必見!この記事では獣臭のような臭さがする理由と、その対応方法について解説しています。

実は、ダイソン公式動画で説明されている掃除方法は、ある場合においては不十分です。

この悪臭を取り除く洗い方を確認しましょう。

 

ダイソンフィルターの洗い方はコレ!悪臭の原因と対応方法は?

ある日掃除のため、ダイソン掃除機のスイッチを入れると、かなりの悪臭がしました。

そのニオイはまるで、牛乳を拭いて乾いた雑巾と言いますか、獣臭といいますか、なんとも我慢できないニオイです。

洗濯物が生乾きになったときの数倍もの強いにおいでした。

 

悪臭の原因はホコリだった!

原因はすぐに分かりました。

それは、つい先日掃除をした「フィルター」でした。

 

こちらのフィルターです。

 

 

ダイソンの説明書を見ると、フィルターを掃除して24時間以上、乾かすように書かれています。

そのため、まるまる2日間乾かしたのですが、「ある理由」から、湿気が残ってしまい、悪臭がするようになっていました。

 

24時間以上乾かしても駄目な「ある理由」とは?

このままでは、掃除をすると部屋が悪臭に包まれるというなんとも皮肉な状態となってしまいます。

ということで、徹底的に対応することに決めました。

 

フィルターを分解して悪臭の原因が判明!

多くの方は、フィルターを洗うときに、※逆さに持ってコンコンして、できるだけなかのホコリを出してから、水洗いをされていると思います。

実際、ダイソンのホームページでも、そのような動画(※部分)が公開されています。

 

ですが、この方法が通用するのは、短期間で定期的に掃除している場合です。

毎日掃除するような家庭では、、中のホコリをとるために何十分もかかってしまいます。

なんとしても綺麗にしたいと思い、分解をしてみました。

 

フィルターの分解方法(非公式)

注意ポイント

これから説明する手順は公式サイトには書かれていません。

フィルターが破損する可能性もありますので十分にご注意ください。

 

分解は、フィルターの上の部分にある3つの爪を押して引っ張ります。

 

3つの爪の出っ張りを内側に押し込むより

矢印部分のすきまから、外側に広げるようにすると、外れやすかったです。

 

そして、その先にあったものは・・・なんともおぞましい光景でした。

 

※閲覧注意! タップするとモザイクが外れます。

 

・・・。

 

この先端にあるホコリの塊が悪臭を放ち、フィルターに臭いが移っていたことが確認できました。

 

ゴミをできるだけ取り除く

分解すると、2つの部品に分かれます。

プラスチックフレーム部分の方は、軽くぬるま湯で洗うことで、すぐににおいが取れました。

 

次に袋状のフィルターですが、これが厄介です。

 

この袋の中には大量のホコリが詰まっていますので、まずは乾燥した状態でできるだけ取り除きましょう。

 

最初はコンコンと打ち付けて乾いたホコリを取り除きます。

それで取れなくなったら、今度は水洗いしてホコリを取り除きましょう。

 

※水を貯めてバシャバシャと洗うことを5回繰り返してもまだこれだけのホコリが出てきます。10回ほどできれいになりました。

 

臭い匂いを取り除く

これだけではフィルターのにおいは残ったままでした。

そのため、次は重曹を使ってニオイ消しを行いました。

 

こんなかんじで、重曹をぬるま湯に溶かして、3時間ほどつけ込みました。

 

 

太陽光に当たるようにして乾燥

しっかりと水洗いしたあと、太陽光に当てて乾燥させました。

紫外線には、殺菌作用があると言われていますので、その効果を期待しました。

 

そして24時間後、無事に悪臭は解消されました。

 

予備フィルターの準備をおすすめ

今回はうまく掃除することができましたが。

フィルターを分解する際には「壊してしまったらどうしよう・・・」という不安がありました。

 

そのため、今後に備えて予備のフィルターを購入しました。

 

 

 

わたしは純正品を買いましたが、互換品ならお安く売っています。

フィルター掃除は面倒ですので、人によっては使い捨てでもいいかもしれませんね。

 ※型番をチェックしてから購入されることをおすすめします。

 

 

また、毎日掃除したい人にとって、「フィルター掃除=最低でも24時間は掃除ができない」というのはかなり厳しいですが、予備フィルターがあればいつでも掃除ができるので安心です。

 

メモ

ちなみにフィルター無しで掃除をしたところ、騒音とホコリにまみれる最悪の状況になりましたのでお気をつけくださいね。

 

まとめ

今回、次の3ステップで、無事に臭い匂いはなくなりました。

・分解して中の臭いホコリを取り除く。

・重曹につけて脱臭する。

・天日干しにする。

 

万が一の場合に備えて、フィルターの予備を用意しておくと安心ですよ。

ポイント

メーカー保証期間は2年間ありますので、まだ保証が残っているのでしたら、先に問い合わせすることをおすすめします。

 

-お役立ち
-

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜