お役立ち

myinfo@rakuten.co.jpのメールは詐欺かも!

楽天市場:myinfo@rakuten.co.jpから「【重要】楽天会員アカウントを確認してください 」という件名のメールが来たら要注意です。

詐欺メールの可能性があります。

詐欺メールの場合には、本文に記載されている「リンク」や「添付ファイル」を開かずに、メールを削除してください。

注意したい点をまとめました。

 

■詐欺の手口は…

このメールは、「あなたのアカウントがもうすぐ削除されます!」と脅し、「アカウントを継続して使用するためには、24時間前に情報を更新してください」と指示してきています。

 

もし、この指示に従って「アカウントの確認」ボタンをクリックして「ログイン情報」を登録してしまうと、

ログイン情報が流出して、勝手に買い物をされたり、「クレジットカード情報」を抜き取られたりという被害に遭ってしまいます。

 

このメールは詐欺メールですのでご注意ください。

 

 

「個人情報保護法(2021/04/09)」の訂正により、以下の手順に従ってすべてのステップを完成してください。その前に、あなたのアカウントではいかなる商品も買えません。ご不便をおかけして、申し訳ございません。

ログイン

 

楽天株式会社

発行元:楽天カード株式会社

 

リンクをクリックするとどうなるか?

 

リンクボタンを長押しすると、以下の画面に遷移します。

このリンク先を見ると「https://rkatuen.co.jp.ymhua.com/」となっています。

もはや「rakuten」でもありませんので、詐欺メールであると判断ができます。

 

もし画面を開いてしまいますと、以下のようなログイン画面に移動します。

このサイトは「jp.ymhua.com」となっており、楽天のサイトではないことがわかります。

 

 

適当にアドレスとパスワードを入力すると、以下の会員情報登録画面に移動します。

ここに入力をしてしまうと、その情報が流出し、詐欺に利用されてしまいます。

 

 

SNSでも報告あり

SNSでも、同じようなメールを受信したとの報告がありました。

 

メール件名の最後には、そのメールが送られたときの時刻がついています。

 

 

メールのアドレスでは判断が難しい

 

届いたメールを見ると、発信元アドレスの@以降が「rakuten.co.jp」となっていました。

これは、楽天の正式な名前ですので、これだけを見て判断することは難しいです。

 

知識があれば、メールヘッダ情報をみて判断することは可能ですが、一般人がスマホから確認するのは難しいでしょう。

 

 

もし「クリック」してしまったら…

今のところ、クリックするだけでは問題なさそうです。

ただ、その先のログインや、ログイン先の情報入力をしてしまうと、被害に遭う可能性は高くなります。

 

もし情報を入力してしまったら、カードの差し止め手続きなど、被害に遭わないように対策を取りましょう。

 

詐欺に強い弁護士事務所に問い合わせするのもいいでしょう。

相談無料・着手金無料。ネット副業関連の詐欺被害は「弥栄法律事務所」までお問い合わせください。

 

まとめ

・「【重要】楽天会員アカウントを確認してください 」 は詐欺メール

・送信元アドレスをみて見分けることは困難

・リンク先のURLで見分けることが可能

 

その他にもメール本文を見ると、日本語らしくない表現が大量に含まれていました。

わかりやすい詐欺メールでしたが、中にはわかりにくいものもありますので、慎重に見ていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

次の記事も読まれています。

↓ ↓ ↓

-お役立ち
-,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜