アイドル

乃木坂新メンバーオーディション記念インスタLIVEのポイントまとめ

乃木坂46新メンバーオーディションを記念してインスタライブが行われました。

秋元真夏さん、新内眞衣さん、梅澤美波さん、賀喜遥香さんの4名が出演され、オーディションに関する様々な質問に答えられました。

自己PRの内容や、着ていった服・メイク、ダンスの経験など、応募を迷っている人の参考になる内容でした。

このライブのポイントをまとめました。

 

乃木坂新メンバーオーディション記念インスタLIVEのポイントまとめ

オーディションを記念してインスタライブが開催されました。秋元真夏さん、新内眞衣さん、梅澤美波さん、賀喜遥香さんの4名が出演され、乃木坂46現役メンバーがオーディションについて語りました。

 

 

このインスタライブでは、最初にオーディションの概要が語られましたが、その後に質問コーナーがありました。

時間がない人向けに、質問と回答のポイントをまとめました。

 

オーディションにはどんなメイク&服で行った?

秋元真夏:高3でメイクわからずすっぴん。ミニスカ&高いヒール。スタイル良く見せたい(これ大事)。

新内眞衣:ワンピース(周りの人もワンピが多かった)。メイクはナチュラルメイク&黒髪。

梅澤美波:全身真っ黒な服。デニムなど普段の服。ぺたんこ靴。

賀喜遥香:ワンピース。

 

「その時自分の好きな服や、自分をアピールできる服がいいと思う。」

 

乃木坂46に入る前からダンスや歌を習ってた?

秋元真夏:未経験。自信満々だったけど上手じゃなかった。

新内眞衣:未経験。バレエはやっていた。人前で歌うこともなし。2次審査はアカペラ一節。

梅澤美波:未経験。歌う曲は自分で楽しく歌えるもの。

賀喜遥香:高校ダンス部。ついていけずすぐやめた。うまいかどうかより楽しくやっているところを見てくれるのでは?

 

「やる気があれば大丈夫。入ってからたくさん練習するから。」

 

面接ではどんな自己PRをした?

秋元真夏:「ウエスト52cmの秋元真夏です」「真夏に生まれた秋元真夏です」で印象づけた。英語得意キャラは頑張ったけど・・。

新内眞衣:特にやっていない。「最後のチャンスだと思って受けに来ました」など。下手に作らず熱意を伝えた。

梅澤美波:自信なかった。グループが好きな理由をひたすら喋った。周りのPRに負けず、後悔しないように喋った。

賀喜遥香:自分の好きな絵を持っていった。メンバーの似顔絵、5月の絵。

 

「阿波おどり」をした人もいた。焦らずに自分の気持ちを。

緊張で100%はいけない前提で考えておくといい。

 

乃木坂46に入ってよかったこと

秋元真夏:前は人に流されていたけど、自分で決断できるようになった。普通に人として大きくなれた。

新内眞衣:年齢が上で入った分、2回めの青春を過ごせた。

梅澤美波:予想していない自分が見えた。お芝居・ラジオ・モデル・映画などを通じて気持ちの変化も見れた。

賀喜遥香:周りの人が、自分のいいところを気付かせてくれた。

 

オーディションを受けようか迷っている人にひとこと!!

秋元真夏:自分も迷った。7/19締切当日に写真を撮って送った。ダメ元だった。自身がなくても入ったら自信がつくからちょっと勇気出して応募するのも素敵と思う。

新内眞衣:当時20歳。親がどう思うか考えた。でも自分が踏み出さないと始まらない。1歩踏み出しに乃木坂を選んでくれたら嬉しい。

梅澤美波:応募前のソワソワした気持ちを思い出す。今迷ってくれている事が嬉しい。準備万端で応募できる人はいない。自分ひとりじゃなく周りも助けてくれる。迷っているなら受けてもいいと思う。「勇気だせた夏」にしてくれれば。

賀喜遥香:先のことは受かったら考えよう。転校や習い事をやめたりなど。受かってからのほうが冷静になれる。一歩踏み出せば、オーディションの過程でも色々考えられる。気軽に応募してくれれば。

スポンサーリンク


まとめ

「オーディションを受けようか迷っている人にひとこと!!」については背中を押してくれる言葉になっていると思います。

細かいニュアンスや雰囲気を感じ取るためにも、ぜひライブのアーカイブを見てみてくださいね。

 

 

おすすめ

> スマニューアプリで乃木坂46オーディションの最新情報をチェック

-アイドル
-

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜