お役立ち

【カーボンニュートラル】 わかりやすく内容と問題点を解説

菅総理が2020年10月の臨時国会で「2050年カーボンニュートラル宣言」をおこなって以来、メディアなどで「カーボンニュートラル」という言葉を見聞きする機会が増えています(似た言葉で「脱炭素化」「クリーンエネルギー」「サステナブル」なども)。

 

「カーボンニュートラル」って、そもそもどういうことなのでしょうか?

今後様々な場所で聞くことになるこの言葉の意味と、現在の問題点について解説しました。

【カーボンニュートラル】 わかりやすく内容と問題点を解説

カーボンニュートラルとは何か?

「カーボンニュートラル」は、何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に

「排出される二酸化炭素」と「吸収される二酸化炭素」が同じ量であるという考え方です。

例えていうならば、車のギア「ニュートラル」のとおり、前に進むでもなく後ろに下がるでもなく、バランスが取れている状態(=ニュートラル:中立)となります。

 

つまり、工場で1tの二酸化炭素を吐き出した場合、1t分を吸収したり除去したりすることで、実質の排出量をゼロなれば「カーボンニュートラル」という事になります。

 

「カーボンニュートラル」のほかにも「脱炭素化」「クリーンエネルギー」などいう言葉で表されることもあります。

 

 

菅総理は次のように述べています。
「我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」注意したいのは、二酸化炭素ではなく「温室効果ガス」を対象にしていることです。つまり、日本における「カーボンニュートラル」は、CO2のほかに、メタン、N2O(一酸化二窒素)、フロンガスなどが対象となってきます。

スポンサーリンク


カーボンニュートラルの問題点とは?

カーボンニュートラルには大きく3つの問題があると言われています。

1.(カーボンニュートラルの)植物由来の燃料を利用しても、過程で化石燃料を使えばニュートラルにならない

1つ目は、(カーボンニュートラルの)植物由来の燃料を作って利用したとしても、「製造・輸送の過程で少しでも化石燃料を使えば排出量が上回る」ことです。

実際、アメリカ等で生産されるバイオエタノールは、それ自体は植物由来でカーボンニュートラルですが、生産過程で大量の化石燃料が使用されることで、逆に環境負荷を増やす結果となっていることが指摘されています。

2.カーボンニュートラルには再生性が必要なこと

2つ目は、カーボンニュートラルには再生性が必要なことです。

再生性とは、植物由来製品を燃焼・分解して出た二酸化炭素を、「早く確実に地中に埋め戻す能力(性質)」のことです。

具体的には、植物由来製品の原材料を生産する森林や農場を適切に管理し、植物の栽培や育成を維持することが必要になってきます。それがないと、植物由来燃料は化石燃料と同じように、「長期間地球を温暖化させる能力のある二酸化炭素」を大気中に長く滞留させることになってしまいます。

3.広大な土地が必要

3つ目は、土地の問題です。

「2」で述べたように、化石燃料・原材料を、植物由来燃料・原材料に変えていくには、植物を育てるための広大な土地が必要になります。

例えば日本では国土面積の約7倍もの土地が必要とされています。

もちろんこれを賄うことはできません。そのため、燃料や原材料の利用効率を高めて生産力を向上させたり、二酸化炭素の吸収力や成長の速い植物を採用するなど、他の対策が必要となってきます。

 

スポンサーリンク



 

日本ではトヨタが窮地に

「我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」

 

この具体的指針として、2030年半ばに新車販売を「ガソリン車ゼロ」とする目安が示されました。

従来は、2030年の新車販売の30~50%は従来車(ガソリン車など内燃機関車)とされていたのに、一気に残り10年ほどでガソリン車が消えるシナリオへ変わりました。

 

トヨタはハイブリッドに重点を置いており、実際、カーボンニュートラルという観点からも電気自動車などと比べて二酸化炭素の排出量は低いのですが、今回の具体的指針の為に一気に窮地へ追い込まれてしまいました。

 

最後に

これからの生活の中で、カーボンニュートラルや脱炭素 という言葉を見る機会が増えると考えられます。

同様に、SDGs(えすでぃーじーず)という言葉も見る機会が増えてきますので、一緒に概要を確認しておきましょう。

SDGsとは?子供でもわかるように説明 一言で言うならこれ!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

週刊女性が大炎上!事実無根の嘘と弱者を痛めつける態度に批判殺到

【日韓トンネル】2021年現在の状況は?ネットの反応と別の問題点

特別なラミークイズの答えは?キャンペーンはいつまで?当選確率UPへ

-お役立ち
-

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜