お役立ち

ドコモ口座不正利用問題を簡単解説:〇割の国民に関係あり

ドコモ口座の不正利用問題が徐々に大きくなってきています。

実際、この問題は日本全国でかなり大きな被害をもたらしかねないものです。

可能性だけで言えば、国民の約〇割が影響を受けかねません。

 

今回はこの不正利用問題をザックリ解説し、どれくらい影響がありうるのか調査しました。

 

不正利用問題をざっくり説明

今回のドコモ口座の不正利用問題をざっくり説明します。

 

ドコモ口座は、ドコモのスマホを持っているかどうかにかかわらず、どこの誰でもメールアドレスで作ることができます。

そして、このドコモ口座に、各銀行の口座を登録することで、ドコモ口座に紐づけた電子マネーにチャージすることができます。

 

そして、ここが問題なのですが、

あなたとは全く別の他人でも、各銀行の口座を紐づけできる可能性があるという事です。

 

→ 総当たりで各銀行の口座を紐づけできる理由(更新予定)

 

簡単にまとめますと、ドコモ口座は次のような状態です。

  • ドコモ口座はメアドだけで作れる
  • ドコモ口座と紐づけた銀行口座から電子マネーにチャージできる
  • 他人の銀行口座を不正に紐づけすることができる

 

この「銀行口座を不正に紐づけ」されたことで、

意図しない人の口座から、「ドコモ口座へチャージ=銀行口座から引き出し」されていることが、今回の不正利用の大きな問題となります。

 

あらためて理解いただきたのは

「あなたがドコモ携帯を持っていようがいまいが関係ない」という点です。

スポンサーリンク



対象となる銀行は?

金融機関名
イオン銀行
スルガ銀行
ソニー銀行
みずほ銀行
みちのく銀行
ゆうちょ銀行
愛媛銀行
伊予銀行
紀陽銀行
京都銀行
広島銀行
三井住友銀行
滋賀銀行
七十七銀行
十六銀行
西日本シティ銀行
静岡銀行
仙台銀行
千葉興業銀行
千葉銀行
大垣共立銀行
大分銀行
第三銀行
但馬銀行
池田泉州銀行
中国銀行
鳥取銀行
東邦銀行
南都銀行
八十二銀行
肥後銀行
百十四銀行
福岡銀行
北洋銀行
琉球銀行

 

ドコモ口座と連携できて、不正取引の可能性がある(または実際に被害が発生した)銀行は、銀行はこれらになります。

今のところ、これらの銀行口座を持っていない人は、不正引きだしの被害に遭う事はありません。

 

ですが、このリストで注目すべきなのは

「ゆうちょ銀行」が対象に入っているという事です。

 

 

ゆうちょ銀行口座の所持は全体の約8割

よりよい銀行づくりのためのアンケート2009年度

 

少し古いデータではありますが、上記のデータをご覧ください。

 

調査対象者のうち、銀行口座は約98%が所持しています。

その98%のうち、ゆうちょ銀行の口座を持っているのが約80%ですう。

 

つまり、銀行口座を持っているような方々のうち、

約8割が、今回の不正問題に関係する可能性があるという事になります。

スポンサーリンク



ドコモはチャージ停止に至っていない

執筆時点で、ドコモ側は、新たに銀行登録をすることを禁止しています。

これで、これ以上の不正取引用に被害拡大することは抑えられています。

 

しかし、銀行からドコモ口座へのチャージは停止していません。

 

これはつまり

「すでに、不正なドコモ口座に紐づけられた銀行口座から、不正に引き出される可能性がある」という事を意味します。

もしかしたら、その不正なドコモ口座に紐づけられているのは、あなたの口座なのかもしれません。

 

「でも、銀行には100円ぐらいしかないから大丈夫」

って思っていませんか?

 

残高100円の口座でも、条件が揃えば、10万円、50万、200万と引き出すことも可能です。

多くの銀行では、貯金担保自動貸付けという制度を用意しています。

これは、定期預金などの担保があれば、普通口座の残高がマイナスになっても支払いできる制度です(厳密には銀行によって異なります)。

 

ですので他人事じゃありません。

 

次の記事では、どのように対策を取ればいいのかを考察していきます。

 

スポンサーリンク



 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事も読まれています。

 

HUNTER×HUNTERやタッチで流れたあの曲は8か月で弾けるようになるのか?

-お役立ち
-, ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜