お役立ち

国防総省はまだトランプ側?バイデン陣営を拒否する意外な理由とは?

アメリカ国防総省は、バイデン陣営のメンバーが、現在の作戦に関する重要な情報にアクセスすることを阻止しました。

本来、大統領は最高司令官であり、理由なく拒否すると軍規違反(憲法違反?)となるはずです。

なぜ拒否しているのか?その理由を確認しました。

 

国防総省はまだトランプ側?バイデン陣営を拒否する意外な理由とは?

アメリカ国防総省はバイデン陣営を拒否?

国防総省は、移行および防衛当局によって提供された新しい詳細に従って、ジョー・バイデン大統領の次期政権のメンバーが現在の作戦に関する重要な情報にアクセスすることを阻止した。

と報じました。

 

本来、アメリカ大統領は軍の最高司令官であり、国防総省はその命令に従う必要があるはずです。

これを拒否するという事は、何かしらの理由があるはずです。

なぜ応じないのか?

本来、国防総省はバイデン政権を承認する必要があります。

「しない」と言える根拠が何かあるはずです。

 

ネットでは

戒厳令により、すでに軍部に政権が移っている。そのためバイデン氏は大統領として認められず、要望に応じる必要がないのでは?」という声が多く聞かれました。

たしかに、その可能性も残っています(戒厳令は公表する必要がない)。

 

ただ、ペンタゴンのHPをみると、理由が書かれていました。

スポンサーリンク



 

上院がバイデン政権の候補者を確認するまでの期間限定?

ペンタゴンのホームページには、以下のような内容が書かれています。

誤解を恐れずに言えば「上院がバイデン候補者を確認するまで引き継ぎません」と言っているようです。

 

https://www.defense.gov/Explore/News/Article/Article/2477349/dod-succession-plan-remains-in-effect-until-senate-confirms-biden-nominees/

 

国防総省の後継者計画は、上院がバイデン候補者を確認するまで有効です

(以下機械翻訳)

国防副長官のデイビッド・L・ノークイストが国防副長官代理に就任し、上院がバイデン政権の候補者を確認するまでその役職に就く。

政権交代は国防総省内で連鎖的な影響を及ぼします。今日の正午に、トランプ政権の政治任命者の辞任が発効した。

他の人が従うように、男はカップを持ってホールを歩きます。
それでも、部門の任務は継続されなければならず、当局はこれらの重要な仕事に暫定的なリーダーを配置する計画を立てました。「次期バイデン政権はこれらの計画を検討し、国防長官府と軍事部門の当局者に連絡を取り、新政権が大統領に任命され、上院で確認されたすべての役職に対して実施する予定の継承計画を確認した」とノーキスト国防長官にメモを書いた。

これらの従業員は、新しい政治任命者が到着するまで、演技能力または「職務遂行」能力を果たします。

通常、国防長官は新大統領が就任したときに確認されます

今年、バイデン大統領の防衛長官候補であるロイドJ.オースティンIIIは、1月19日まで確認聴聞会を受けませんでした。上院が彼を確認するには遅すぎました。オースティンの場合は、引退した将軍として、その役職に就くために両院からの免除が必要であるという事実によってさらに複雑になっています。

マイクの前の表彰台に立っている男性が、右側のスタンドに大きな旗を掲げています。 彼の後ろの壁にある楕円形の看板には、5面の建物と「国防総省」という言葉が描かれています。

暫定的に50以上のポジションが埋められます。Norquistに加えて、陸軍長官としてJohn E. Whitley、海軍長官としてThomas W. Harker、空軍長官としてJohn P.Rothが含まれています。

さらに、アマンダJ.ドリーは政策担当国防次官の任務を遂行します。Terence G. Emmertは、研究およびエンジニアリングの次官の職務を遂行します。ダグラス・グレンは、国防総省の監督官/最高財務責任者の職務を遂行します。バージニアS.ペンロッドは、人事次官と準備の任務を遂行します。

インテリジェンスとセキュリティに関する次官の職務はDavidM。Taylorが行い、Paul S.Koffskyは国防総省の法務顧問の職務を行います。

「職務を遂行している」人の中には、他の役職も務める人もいます。たとえば、ドリーは戦略、計画、能力について秘書補佐の職務も果たします。

バイデンの政治任命者が上院によって承認されると、これらの役職に就いている人々は通常の仕事に戻ります

 

最後に

HPに書かれている以上、表向きは「単に憲法に従っているのみ」と見えます。

しかし、軍のトランプ氏に対する思いは強く、困るのが分かってて黙っていたともとらえられます。

そして、SNSで騒がれているように「すでに軍事政権下にある」のかもしれません。

 

ただいずれにしても、非常事態宣言が終了する24日には何らかの動きがあるでしょう。

スポンサーリンク



最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

バイデン 就任式は録画放送?問題となる理由とライブ確定部分を確認

ラミー限定品が当たるキャンペーンの応募方法とクイズの答えは?

トランプ緊急放送予定をTV会社従業員が暴露!?その根拠と具体日は?

-お役立ち

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜