お役立ち

カマラハリスの経歴と評判は?BLM支援は出世の為?多くの疑惑も

バイデン氏が大統領に就任すると、副大統領となるのはカマラハリス氏となります。

カマラ氏は黒人女性として初の大統領となるのではないかとの声もあります。

当然黒人からも圧倒的な支持を集め・・・ているわけでもなさそうです。その理由と、ある驚きの行動についてまとめました。

カマラハリスの経歴と評判は?BLM支援は出世の為?多くの疑惑も

ハリス

カマラ・ハリス氏のこれまでの経歴

カマラ・ハリス氏は現在56歳。カリフォルニア州オークランドの出身で、父親はジャマイカ出身、母親はインド出身という移民の子として生まれました。父親はスタンフォード大学の経済学者、母親は高名な乳がん研究者であり、エリート家系の出身といわれています。

 

カリフォルニア州で検察官や司法長官を務めた後、2017年からは民主党所属のカリフォルニア州選出の上院議員を務めました。これはアフリカ系アメリカ人女性としては2人目、南アジア系アメリカ人としては初の上院議員となります。

 

2019年には、2020年大統領選挙の民主党候補に立候補し、バイデン氏とは討論会で激しいやりとりをしました。しかし選挙活動の資金繰りに苦しみ、資金不足を理由に撤退を表明しました。

バイデン氏が候補となったのち、民主党の副大統領候補として出馬し、11月7日に主要メディアにより当選確実が報道されています。副大統領に就任すれば、初の女性・アフリカ系・アジア系の副大統領となることになります。

 

スポンサーリンク



 

ぬぐえない不信感

ある黒人女性はこのようにハリス氏を評価しました。

「ハリス氏は、検事や司法長官時代に何度も過ちを犯している。黒人や黒人コミュニティを不正に投獄していたと思う」

 

2020年5月に白人警官に黒人男性が殺害された事件から火がついたブラック・ライブス・マター(「黒人の命は大切だ」、BLM)運動について、バイデン氏は積極的な発言を控えてきました。これに対し、ハリス氏は初の会見で、こう述べました。

「YES!黒人の命は大切です。希望を持ってチャンスをつかみましょう。私を信じてください」

この会見を受けて、ハリス氏への注目が一気に集まりました。

 

しかし、ハリス氏は必ずしもBLM(黒人の人権を求める運動)から熱烈に支持されているわけではないこともわかっています。

カリフォルニア州でBLMを推進する黒人女性は、「彼女は州の検事総長時代、黒人を不公平に摘発し収監する警察組織のトップだった人物」と酷評しています。

つまり、BLM運動を本当に支持しているのではなく、あくまでもパフォーマンス。出世のために検挙率を上げる、という目的が大切なのであり、決して人種差別に真っ向から反対する人物ではなかった、という受け止められ方がなされています。

 

また、とある凶悪犯が警察に打たれ下半身不随となった際、凶悪犯に対し「あなたを誇りに思う」とのべました。実はこの凶悪犯は自分の身近な人物であったことがわかっています。

そして、その凶悪犯による被害者に言及することはなく、撃った警察官を強く非難しました。

こうした点が、同じ黒人からイマイチ支持を集められないところのようです。

 

以下は、上記を説明している方のツイッターリンクです。用語的に18禁でお願いします。

https://twitter.com/Tomo20309138/status/1302568504764190723

 

 

政治家の性格などを分析しているUnit for the Study of Personality in Politicsという団体では、ハリス氏の性格を「支配的、野心的、攻撃的、自信家」と評しています。

この攻撃的な部分がバイデン氏を頭に据えた理由とも言われています。

 

また、あからさまな中国寄りであることも、信用されない理由の1つです。

「米中貿易戦争のせいでアメリカの雇用は失われた。同盟国はトランプ大統領よりも習近平を尊敬している!」との討論会での発言も裏付けています。

 

最後に

バイデン氏に対して、一部の関係者からは「軽い認知症ではないのか?」と言われるほど健康面の懸念があります。

また、バイデン氏は2度も「ハリス大統領」との言葉を発しています。

 

このことからも、バイデン氏が就任した場合には、近い将来にカマラ氏が大統領となるのは既定路線のように思えます。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

 

オバマゲートとは?バイデン氏への影響は?トランプ氏が継続可能?

トランプ弾劾でもバイデンは大統領になれない?このデータの真偽次第

ラミー限定品が当たるキャンペーンの応募方法とクイズの答えは?

-お役立ち

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜