お役立ち

タバコ値上げ(2020年)でもうやめたい時の方法。おしゃれな禁煙も有り

先日発表されたたばこの値上げ報道で、驚いている愛煙者も多いのではないでしょうか?

軒並みの銘柄が500円以上となり、1000円でも2箱を購入できなくなってしまいます。

 

過去より、タバコは増税の対象となり、その都度値上がりをしてきました。

今回は、1つの人気銘柄を例にとり、過去からの価格変動を確認し、最近の禁煙の方法についても見ていきます。

メビウスライト(マイルドセブン)の価格は?

メビウスライト(マイルドセブンライト)は、1985年(約35年前)だと200円でした。

2020年には540円となる事から、約2.5倍の価格になっています。

 

1箱200円x30日=6,000円だったのが、

1箱540円x30日=16,200円になるうという事です。

 

一方でサラリーマンの平均のおこづかいは年々減っている状況にあり、ますます厳しい懐になってきています。

 

過去にタバコでどれくらい使っているのか?

スポンサーリンク



もしあなたが、これまで10年間、毎日1箱のたばこを吸ってきたとしましょう。

そうすると、およそ130万円をたばこに支払ってきたことになります。

 

そして、もし今後10年も同じように1日1箱を吸い続けるとすると、10年間で約200万円ほどを支払うことになります。

年間で言うと、約20万円です。平均的な1か月の生活費ぐらいでしょうか。そう考えるとかなロの大金ですね。

 

禁煙のいろいろな方法

今回の値上がりを期に、禁煙を考える方もいらっしゃるようです。

https://twitter.com/11021111Sara/status/1296982174818643968

 

そんな中、禁煙成功者にはいくつかの方法があるようです。

もし禁煙を考えられているのでしたら、あなたに適した方法を見つけるのが早道です。

代用品を使ってみる

煙草の代用品としては、昔ながらのパイポなど、色々な方法があります。

主には香りや水蒸気を吸い込むようなものが多いのですが、最近では、「吸う美容液」などというものもあり、女性にも人気があるようです。



男性の場合でしたら、普通にVAPEが人気ですね。


禁煙外来に行く

禁煙外来に行く方法です。

カウンセリングを通じたいろいろな方法で禁煙へのとT陸三をサポートしてくれます。

お金も払うことになりますが、一人で頑張るよりも成功の可能性は高いです。

ニコチンパッチ

禁煙パッチとも呼ばれます。体にシールを張り、皮膚からニコチンを吸収する方法です。

禁煙をするとニコチンが欠乏することで、イライラしてしまいますが、これを段階的に減らしながら摂取することで、無理のない禁煙へ進めてくれる方法です。

 

いずれにせよ、値上げまでにはあと1か月程度しかありませんので、どうするかを考えておきましょうね。

 

 

-お役立ち
-, ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜