お役立ち

節分 2021年はいつ?今年が2月2日となる意外な理由とは?

節分と言えば2月3日です。しかし2021年はなぜか2月2日が節分の日とされています。

そこで決め方を調べていくと、過去には2月4日となったケースもありました。

これらの日程が決まる意外な理由と「立春とのかかわり」についてまとめました。

節分 2021年はいつ?今年だけ2月2日となる意外な理由とは?

2021年の節分は2月2日

おいしい恵方巻きや楽しい豆まき。日本の2月の伝統行事としておなじみの「節分」ですが、2021年は例年よりも1日早い2月2日(火)となります。

1日繰り上がった意外な理由とは?

豆節分の日付は、実は固定ではありません。

過去にも1日繰り上がったり、中には1日繰り下がったこともあります。

2日となるのは1897年以降124年ぶり

今回のように、節分が2月2日になるのは、明治30年(1897)2月2日以来、なんと124年ぶりのことです。

1984年は1日遅れの2月4日

昭和59年(1984)には、2月4日が節分の日となりました。

なぜ日付が変わるのか?

どうしてこのようになるのでしょうか?これは、簡単に言うとうるう年と同じように考えることができます。

 

「節分」は季節を分けるという意味を持ち、本来は各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日それぞれを指します。そのうち立春の前日だけが、今の「節分」と言われます。

 

つまり,立春が定まれば節分もその前日として決定されます。

 

では「立春」はというと,1年ごとでは1太陽年 365.2422日と1年 365日の差~約6時間ずつ遅くなる一方,うるう年には4年前より少し早くなります。

これにより、節分(立春の前日)が、年によっては2月2日、2月3日、2月4日と変動していくことになります。

 

引用:https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2021_2.html

 

スポンサーリンク



 

最後に

最近では、節分に恵方巻を食べるという風習についても、当たり前のようになりました。

今年はコロナの関係で、通販で恵方巻を注文するケースも増えています。

今では、ロールケーキやペット用など様々なバリエーションがありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

恵方巻きのバリエーションまとめ 通販で買える様々な種類を紹介

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

ファイザーコロナワクチンの効果と安全性は?CEOの疑惑の行動も

オリンピック中止はいつ決定?1年前に無理に延期した衝撃な理由は?

オバマゲートとは?2021年に機密文書が追加公開!衝撃の写真は本物か?

 

-お役立ち

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜