お役立ち

RCEPとは?わかりやすく解説 裏にある恐ろしい目的とは?

RCEPとはどういうものなのでしょうか?今回わかりやすく解説しました。

その中で、表向きにはいいことづくめのようですが、裏には大きく怖ろしい目的が隠されているのでは?との声も聞かれます。

この点についても合わせて確認しました。

 

RCEPとは?わかりやすく解説 裏にある恐ろしい目的とは?

引用:jiji.com

rcepとは?

RCEPとは「Regional Comprehensive Economic Partnership」の略で東アジア地域包括的経済連携のことです。「アールセップ」と読みます。

簡単に言うと、たくさんの国どうしが、貿易や投資をしやすくして、経済を活性化させようというものです。

 

もう少し詳しく言うと、2020年11月に合意した自由貿易協定(FTA)です。日本をはじめ、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国を合わせた15カ国が参加しています。

これは世界経済・貿易の約3割を占めており、工業製品を中心に全体の91%もの製品の関税が撤廃されることになります。

なぜ今RCEPが注目されているのか?

一番注目されているのは、中国主導型であり、韓国も参加をしているという点です。

銃らりのこういう自由貿易協定は、「お互いに信頼しあえる国同士」が結ぶことが原則でした。

ところが、中国・韓国は反日国です。これらの国との貿易を関税なしとすれば、日本にとってのメリットよりも相手方のメリットの方が大きいとみられています。

 

そして、何より注目されているのが「人の行き来が自由になる」という事です。

ネットではこのような画像と一緒に「大量の移民が自由に入ってくる!」との警鐘を鳴らしています。

画像

 

ただ、原文を読む限りは「永住目的の人間は対象外」となっていますので、無制限に移民が流入することは防げる条文になっています。

 

スポンサーリンク



 

最後に

K国へ苺の技術が流出したり、日本の大量の土地がC国に買い占められたりしている今、今回のRCEPが書かれている本来の目的通りに進められるのか?それとも懸念されるようなことが起きてくるのかは、十分に気を付けていく必要がありますね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

ムーンショット計画とは?わかりやすく解説 陰謀論との関連も!

ウイグル弾圧 日本企業12社はどこ? 意外な事実が明らかに!

グレタ ツイッターのインド農民デモで大炎上!激ヤバな理由とは?

-お役立ち
-

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜