お役立ち

スッキリに「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさん生出演

本日100日目を迎える「100日後に死ぬワニ」。

ツイッターから火が付き、今では多くの有名人も注目していています。

ラジオ番組やテレビ番組でも紹介され、話題となっています。

 

そんな中、本日の19:00に100日目の内容が判明するのに先立ち、

作者のきくちゆうきさんが、テレビ番組「スッキリ」に生出演されました。

 

短い時間ではありましたが、そのなかでも気になるポイントをまとめました。

 

スッキリに「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさん生出演

本日の投稿はこれまでどおり19:00なのか?

「今日2020年3月20日の19:00に最終話がアップされるんですよね(加藤)」

「ああはい(きくち)」

ということで、特に時間の変更はないようです。

 

この作品を書いたきっかけは?

「全員に訪れる死を意識してほしかった」

 

「残りの日数を、自分に置き換えて考えてみてほしい」

「それを考えたら、一日一日が違うものになってくる」

 

「ワニは自分が死ぬって知らないんですよね?(加藤)」

→「ワニは残りの日数を知らないです。それは、僕たちも同じですよね(きくち)。」

 

 

加藤さんは最初「きくちさん」と呼んでいたのですがこのあたりから、
「きくち先生」に変わっていきます。話の内容にも深く突っ込んできいてくるところからも、加藤さんもこの作品が好きなのだという事が分かります。

 

前日の99話の謎について

 

 

天気予報「ところにり」・・・「ところにより雨ですが・・・」となっていて「よ」が抜けています。

 

これをうけて、

「よ」がない=この「世」が亡くなるという事を示唆している

というような考察がネットを駆け巡りました。

 

「なぜ「よ」がないんですか?(加藤)」

→「あー・・・。ミスですね(きくち)」

→「ミスですか!!?(加藤)」

 

ということで謎が一つ解けましたね。

 

加藤からの希望

 

「ワニさんは今日しんでしまうのでしょう」

「希望としては、死んだ後の友達や彼女にフォーカスした後日談をやってほしい」

「残された人たちも、死を乗り越えないといけない。そういう姿を表現してほしい」

「どうでしょうか?きくち先生?」

 

「(ちょっと言いにくそう)・・・・(きくち)」

 

「ま!そうですよね!単なる僕からの希望ですから(加藤)」

 

 

コミック化の方で書かれるかもしれないし、実際に後日談を予定しているのかもしれませんが、はっきりしませんでした。

 

ネットで考察されている結末

 

・ワニさん冬眠から目覚める説

・ねずみさんがタイムリープしてワニさんを救う説

・死んだワニの走馬灯説

・事故死説

・恋人と幸せにハッピーエンド説

88日目になぜネズミさんが静かに怒ったのか?

 

88日目のエピソードについて

 

「なぜ、ネズミさんはこのようなことを言ったのか?(加藤)」

 

「みんないろんなことを経験していて、周りにいる人が亡くなった人もいる。

ネズミにも何かがあったということ。

周りにもいろんな事情がある。死とはデリケートなもの。

そういうことを意識してもらえたら・・・。(きくち)」

 

 

出演者犬山さん(漫画家?)の結末創作

・花見の途中に死んでしまう。

・実はワニさんは歳を喰っていた(20歳じゃなく200歳)

・大往生だった。

・悲しいけれど、そんな風に生きて・死を迎えたい。

 

きくちさんの反応は

「どうですか?この結末だと(加藤)」

「すごいです(きくち)」

「嫌じゃないですか?(加藤)」

「全然嫌いじゃない(きくち)」

 

ただ、

「終わり方は重要じゃないと思っている(きくち)」

という発言もありました。

結末ばかりに注目するのではなく、これまでのことが重要だとおっしゃっているのかもしれませんね。

最後に

「最後、見ているファンのかたに伝え一言お願いします」

「・・・。えー・・。ぜひ見て下さい。(両手を合わせて小さな声で)よろしくお願いします

 

きくちさんとワニさんが重なって見えた瞬間でした。

 

以上、ポイントをまとめてお伝えしました。(即効性を優先し、校正は最低限としております)。

-お役立ち
-, , , ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜