お役立ち

広島 PCR検査を無料で受ける方法は?なぜ4区限定でタダなのか?

1月15日、広島県は新型コロナウイルスの集中対策の再延長とともに、約80万人を対象にPCR検査を無料で受けられる取り組みを行う事を発表しました。

また、政府は広島市を「準宣言地域」と位置付けることを検討中です。

これらの内容をまとめました。

広島 PCR検査を無料で受ける方法は?なぜ4区限定でタダなのか?

約80万人を対象に無料でPCR検査を実施

広島県は、 新型コロナ「集中対策」の一環として、特に感染者が多い広島市の4つの区に住む人と働く人を対象にした集中検査を実施する方針を発表しました。

湯崎知事はテレビ番組に出演し「感染者数は減りつつあるが、ここでさらなる取り組みを行い収束に向かわせたい」と述べました。

4つの区とは?

対象となる4つの区は、中区・東区・南区・西区です。

この全ての住民と就業者の方々を対象に、検査を行うという事です。

4区を対象とした理由は?

県は、「感染者が多い地域で集中的に検査をすることで、感染者を早期に発見して感染拡大を未然に防ぐことが目的」としています。

対象となる4つの区の住民はおよそ60万人です。

通勤・通学している人はおよそ10万人から20万人に上るとみられていますが、

希望者は無料でPCR検査などを受けられるようになります。

(逆に言えば、今のところは強制ではないという事になります)。

 

なぜ4区限定なのか?

湯崎知事は、テレビ番組の中で

「なぜ4区に限定するのか?」という視聴者からの疑問に対して

「4区は感染者が多数おり、他への拡大を防止するためにもこれらの地域に集中して対策する」との考えを示しました。

この対策で収束しない場合は、拡大していく考えなのかもしれませんね。

無料でPCR検査を受ける方法は?

1月15日時点で、PCR検査を受ける為の方法や、開始時期については検討中という事です。

ただ、すでに12月から広島PCR検査センターが開設されていますが、この会場だけでは不足するため、他の会場を準備するとともに、郵送型の検査についても検討されるそうです。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/258/hiroshimapcrcenter.html

スポンサーリンク



 

政府は広島市を「準宣言地域」と指定

政府は、広島市を対象に、国の緊急事態宣言に準じた措置として「準宣言地域」とすることを検討しています。

準宣言地域とは?

政府や自治体が行う要請には、

「緊急事態が宣言される前の段階」と、「宣言発令後の段階」があり、準宣言地域はその中間にあたります。

準宣言地域に指定されるとどうなるか?

飲食店の午後8時までの時短など、緊急事態宣言の地域と同様の措置が求められると同時に、1日6万円の協力金など宣言地域と同じ支援が受けられることになります。

また、緊急事態宣言地域に指定するには、国会報告などの手続きが必要ですが、準宣言地域は、西村経済再生相と自治体との協議で指定できます。

 

最後に

 

これから政府は、緊急事態宣言を五月雨式に出すのではなく、準宣言地域に指定する考えのようです。

いずれにせよ、早期に事態が収束することを願うばかりです。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

こんな記事も読まれています。

 

トランプ大統領が弾劾されてもバイデンは大統領になれない?息子の素行が原因か?

かつや 期間限定メニュー 胡麻担々チキンカツ 驚きの口コミまとめ

ラミー限定品が当たるキャンペーンの応募方法とクイズの答えは?

-お役立ち

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜