お役立ち

爆笑問題太田光が選挙特番で大炎上!どこまで飛び火するのか考察 

爆笑問題の太田光氏が炎上中です。
炎上したのは、2021年10月31日に太田氏がMCを務めたTBS選挙特番でのこと。
その時の候補者へのインタビューの態度があまりに無礼と炎上しました。
この記事では炎上理由に加え、この問題が太田光個人の範囲におさまらない理由について考察しました。

爆笑問題太田光が選挙特番で大炎上!どこまで飛び火するのか考察

 

TBSの選挙番組で炎上

爆笑問題・太田光が10日31日放送のTBS系「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」に生出演し、候補者と1対1のインタビューを繰り広げました。

その時の態度や発言があまりにひどいとSNSで話題になっています。

 

特番の中で、太田光氏は次のような発言や態度を取りました。

・落選した甘利氏に対し「まあ今、相当ショックな状態になっていると思いますので、いろいろこれから考えてください」と笑った後、「ご愁傷様でした」との発言
・中立であるべき報道で「NHKが一番信頼できる」と発言
・「自国通貨を発行する国はデフォルトしない」という山本太郎氏の主張を理解しようとしない
・その挙句にインタビュー終了後に「あいつ態度悪いね」と発言
・当選した二階氏に「いつまで政治家続けるつもりですか?」と発言

 

その他にも数々の無礼な態度や発言がありました。

 

もちろん以前より太田光氏の発言は批判を招くことがありました。

しかし、今回はこれまでとは違います。

 

選挙当日に、あたかもバラエティー番組かの如く候補者を批判や嘲笑しましたが、それは候補者当人だけでなく、その支援者を批判・嘲笑したことになります。

 

実際、ネット上では太田光氏に対して多くの批判が寄せられました。

 

・甘利さんは好きじゃないが、それ以上に太田光が人として軽蔑するレベル。
・金輪際、太田光の番組は観ないし、話題にも上げない
・バラエティー感覚でやってるのかもしれないけど、候補者ご本人だけじゃなく、有権者や支援者の方への気遣いは大事
・もうサンジャポ観ない
・太田が下品極まりなかった。
・下劣・醜悪。どんな言葉でも言い表せないほどひどかった。

 

ただ、これだけにとどまりませんでした。

スポンサーリンク


妻の太田光代氏に飛び火

過去に太田光氏が炎上した際には、社長であり妻の太田光代氏が火消しを行っていました。

 

しかし今回、太田光代氏も次のようなツイートで、甘利氏に対する「ご愁傷様」発言を擁護したことから、更に炎上しています。

「皆さまのご指摘。ご愁傷様についてです」
「この言葉。決して悪い言葉ではありません。ご愁傷様は、おきのどくさまです。です。漢字でもご理解いただけるように。ご愁傷様です。これは、心を慮りのゆえです」

 

この点に対しても厳しい反応が寄せられています。

 

・「ご愁傷様」の言葉の意味じゃなくそこまでの流れからの発言が問題なのだがわからないのかなこの人は?
・髪の毛薄くて悩んでる人に「いい髪型してますね」と言えば誉め言葉になると思うのか?

・社長がこれだとおしまいだな。
・所詮タイタンはろくな会社では無いと言う事
・もうタイタン(太田光氏の所属事務所)の芸人はみない。

 

そもそも、このような社員の不祥事に対しては、会社はリスク対策部門による対策が行われるべきですが、その片鱗もみられない事から、会社として大丈夫なのか?との声も出始めています。

 

太田夫妻の問題にとどまらない

現在は、まだ太田夫妻に批判の目が向いていますが
選挙番組の司会の立場にありながら報道の中立性のない報道をしたTBSとしても責任を問われるべきという声も出始めています。

 

そもそも、太田光氏の事務所タイタンには、大阪維新の会のもと代表である橋下徹氏も所属しており、中立的な立場とは言えません
加えて、生放送の中では、一部の政党を挙げて「○○党に投票しましたよ」という発言もありました。

 

これらのことから、放送法第4条に違反しているのでは?との指摘もちらほら出始めています。

放送法第4条
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
引用:https://www.dsk.or.jp/dskwiki/index.php?%E6%94%BE%E9%80%81%E6%B3%95%E7%AC%AC4%E6%9D%A1

 

更には、TBSだけでなく、スポンサーにもクレームを入れようとの動きも出始めており、まだまだ鎮火のめどはたっていない状況です。

 

スポンサーリンク


最後に

これまでは、政治家や著名人に対する批判を鑑みない発言が評価されることもありました。

しかし今回の選挙報道番組での発言や態度は、直接相対した候補者だけでなく、後援者たちを含めて批判したのと変わりはありません。

 

ただ、太田光氏本人は、番組の中で「やっぱり俺向いてないや・・」という発言もしています。

 

もしこのまま対処されずに批判が続くようなことがあれば、爆笑問題、タイタン、そしてTBSにも大きな痛手となるでしょう。

相方の田中さんなど、何かしらの対策が行われることが望まれます。

-お役立ち

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜