お役立ち

9月1日防災の日は何をするべき?制定の背景と目的。おすすめセットも。

毎年9月1日は防災の日です。

9月1日に合わせて、全国各地で防災イベントが開催され、避難訓練や防災グッズの紹介など、日ごろの防災意識を高めるための取組が行われます。

 

今年は新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、規模を縮小したり中止にしたりする状況にあります。

しかしながら、豪雨・台風災害や、地震災害が相次ぐ中、今こそこれからの災害に備えるタイミングに来ているのかもしれません。

 

今回は、防災の日について取りまとめました。

防災の日が9月1日に制定された背景

防災の日が9月1日となったのは戦前にさかのぼります。

1923年(大正12年)の9月1日。

午前11時58分に、関東大震災が発生しました。

関東地方を中心としたマグニチュード7.9という大地震であり、行方不明者を含めると約14万人が死亡しました。発生時刻が昼前だったこともあり、火災による被害も多かったようです。

 

この関東大震災が発生した日に由来し、9月1日を防災に関する意識を高める目的で防災の日と定めました。

 

また、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)は「防災週間」と定められており、継続的に防災の意識を高める期間とされています。

 

防災用品点検の日

「防災用品点検の日」は、9月1日のほか、四半期ごと(3月1日・6月1日・12月1日)の合計4回が定められています。このタイミングにおいても、全国で防災訓練が実施されています。

また、個人が防災用品を点検するタイミングという意味合いも持っています。

「防災用品点検の日」は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

スポンサーリンク



この日に何をするべき?

防災の日は、地震、豪雨、台風、津波などの大規模災害について、それぞれの認識や理解を深め、対応できるための備えをすることを目的とした日です。

 

また、自宅にある防災用品のチェック(食料・飲料の消費期限のチェックなど)を行うタイミングです。

ぜひ、このタイミングで備蓄品や非常用持出袋を確認して、不足がないか確認しておくとともに、非常時の連絡方法について家族で確認しておきましょう。

 

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例

  • 飲料水 3日分(1日あたり3ℓ)
  • 非常食 3日分(ご飯、乾パン、ビスケット、チョコなど)
  • トイレットペーパー、除菌シート、ライター、ろうそく、LEDライト、カセットコンロ など

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 水は、飲料用のほかにも生活用水が必要です。

 

 

非常用の持出品チェックシートは印刷してチェックしてみて下さい。

 

 

南海トラフ地震は、明日発生してもおかしくない状況です。

災害が起きてから準備しても意味はありませんので、今このタイミングでチェックしておきましょう。

こういったセットになったものを購入するのもいいと思います。



 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事も読まれています。

HUNTER×HUNTERやタッチで流れたあの曲は8か月で弾けるようになるのか?

-お役立ち
-, ,

© 2021 ENBAKO〜エンタメ箱〜